2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
暇すぎて死にそう  03/08/2009  
昨日同様お題~~^^*

ども^^
今日はじめて学校の説明会でもらった数学と国語のパケットが宿題だと気付いた刹那です。
あんな衝撃初めてだ。

どうやって課題を乗り切ろうかな・・・と必死です。
でもまだ一ページのはじめてないと言う・・・・(汗
どうにかしないと、このマイペース((苦笑



080 メリーゴーランドの罠

乗ったら最後。
貴方が白馬の王子様に見えるから。
催眠術に掛かったかのように
夢を見るから。

一緒に乗ったらどんな人でも素敵に見える、それがメリーゴーランドの魔力だと信じて疑っていません。

079 雨音のなぐさめ

聞こえるのは
静かに降る雨と
自分の鼓動
雨が僕を慰めるように
優しく世界を包んだ

ツバサのシャオランをイメージ。
場所的には阪神共和国かな。


078 そう言うくせに

「愛してるよ」
そういうくせに
いつも君の心は
あのコでいっぱいなんだね。

うそつき。

偽りの付き合いとかそんな感じ。
多分女の子は我慢強い子。


077 ひきこもり日和

外は雨だし。
花粉は飛んでるし
なんかだるいし
気が向かない。
そんな日は
引きこもり日和。

刹那がそうだから書きやすかったもの。
新学期が始まったら早く起きなきゃいけないのが一番の苦痛です。


076 打ちのめす君の言葉

人の痛いとこばっかついてきて
自分がどう思われようが気にしちゃいない。
そんな君を打ちのめしてみたい

強い君だからこそ、口げんかで勝ってみたい・・とか?

075 閉じ込めて蓋して

どうしようもないから
やるせなくて
行き場がない僕
誰か「僕」を閉じ込めて
蓋をして。

自分の力ではどうすることもできないことと直面して、成長しようとしている少年がテーマのお話かもしれない。

074 いつのまに夏は逃げたのかしら

気がつくと、もうトンボが飛んでる季節で
いつのまにか肌が小麦色になっていて
気がつくと隣には誰も居なくて
いつの間にかあたしは一人ぼっち
何時の間に夏は逃げたのかしら。

いつのまにか彼と別れていて
ボーと過ごしていたら秋になってた。
夏だけの恋人。とか


073 たまにそういうとこ嫌になる

笑ってればうまく収まるとか
自分が傷つけばいいとか
そういうとこ
好きだけど嫌になる。

あたしだって、君を守りたいんだよ。とか
君が傷付くことで一番心を痛めるのはあの子だよ。みたいな。


072 破れたこころのなおしかた

「治してください」
なんていっても簡単にできることじゃない。
心の奥にできた穴を埋めて、
丁寧に傷口を縫っても、
貴方のやる気がなければ
一生治りませんよ?

実は忘れたくないけど
ふと「治してください」って言ってみたら先生は全部お見通しでした。


071 この距離感を愛したい

僕が触ってはいけないと感じてしまうほど
華奢な体。
そっと触れる手。
宝物のような君を愛してる。
この距離感を愛したい。

ひばりさんとツナの話。
雲雀さんはツナを大切にしてればいいと思う。
スポンサーサイト
 | †詩†  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://soundofchain.blog77.fc2.com/tb.php/600-4be2e95e

Danke, dass ihr gekommen seid

Selbstvorstellung

Geburtstag

Kategorie

Letztens Kommentar

Befreundet mit mir

Letztens Artikel

Links

Monate

Letztens Trackbacks

Meiner Freundin

Mail