2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
意外と(予想はしてたけど)毎日1こはきついね;


今日はお使いにいってきました。(何年生だ。)
イトーヨーカドに((笑

かなり風がきつくて、髪とか最悪だったんですけど、近所にあるガチャガチャがしたくて((苦笑

なのにガチャガチャがチェンジされてて、かなりショックでした。
何のためにあたしは今日外に出たんでしょう。

やる気なくしたんで、追記行きますー。

コロラルだよー。短編じゃなくなってるよーー。



「いってぇ!! なにすんだ、コラ!」
「なにすんだじゃない、この馬鹿!!」

いつものように、俺はコロネロを特訓していた。
なんでも、立派な軍人にしてやらねばならないらしい。

お偉いさんから、紹介されて、コロネロとあったのはもう3年ほど前になる。

「何でお前はいっつもそうなんだ!ちゃんと訓練に集中しろ!」
「しょうがねえだろ、コラ。 お前が気になって集中できないんだ、コラ。」

そういってコロネロは尻餅をつきながら痛そうに頭をさすりこっちを見上げる。
・・・ガキが。

「俺にはそんなもの通用しないぞ、早く立て。5分後には次のトレーニングを始める。」
「ちょっと休憩しようぜ、お前も疲れるみたいだしな、コラ。」
「何馬鹿なことを言っている、ほら立て。」

仕方なくコロネロに手を貸す。
それを待ってたかのようにコロネロは嬉しそうに俺の腕をつかんだ。

「・・あれ?お前ちょっと痩せたんじゃねーか?コラ。」
「・・っ!!うるさい!!さっさと起きんか!!」

実はここ一週間ほど少ししか寝てないし、食事も疎かにしていた。
普段なら一日の半分を費やす仕事の時間を夜に回し、コイツとのトレーニング時間に回したせいだろうか・・。

コロネロは、一見馬鹿そうだが、お偉いさんが見込んだ事だけあって、素質は持っていた。
それになかなか、覚えが早い。

そんなコロネロを俺は早く一人前にしてやりたかった。

それなのに俺がここで倒れてはさらに時間がかかるだけだ。
しっかりせねば・・・。

そのあとも、俺はコロネロといつも通りのトレーニングスケジュールをこなし、いつも通り訓練所に戻り、自分の仕事をこなし、いつも通りに寝た。

いつもと違ったのは次の日だ・・・。



朝。
なんだか体がだるい。
起き上がろうとしても、なかなか体が言う事を聞いてくれない。

・・・・完璧に風邪だ。

はぁ・・・俺とした事が・・・しかし今日のトレーニングはどうしようか。。

「遅ぇぞ!コラ! ラル、起床時間はとっくに過ぎてんぞ、コラ!」
「・・・すまない。コロネロ、悪いが今日はトレーニングは自分でやってくれ。いつもと同じメニューだ、わかるだろ?」

一瞬きょとんとしたが、コロネロはすぐに元に戻って言った。

「それはいいが・・どっか悪いのか?ラル。 顔色が悪いぜ、コラ。」
「大丈夫だ。 早く行け。」
「でも・・・本当に大丈夫か?コラ。」

コロネロの手が俺の額に触れる。
そんな事をするはずじゃなかったのに、気がついたらコロネロの手を振り払ってた。

「・・・悪い。じゃあ大事にな、コラ。」
「ぁ・・・コロネロ今のは違・・・」
「ガキに心配されても嬉しくないよな、コラ。」

大きな音を立て扉は閉まって、俺は一人、部屋に残された。


あのあと、3日間ぐらい寝込んだ・・といっても寝れなかったのだが。
俺はなんとか、体調を直す事ができた。


「コロネロ。」
トレーニング場で一人真剣に練習している、コロネロに恐る恐る近づく。

「もう体は大丈夫なのか?コラ。」
「ぁ?・・あぁ、もう大丈夫だ。」
「この前は悪かったな、コラ。」
「・・ぇ?」

「お前がそういうの苦手なのは知ってたのに、触ったりして。」
「なっ!さわっっ!! お前はいちいち言い方がエロいんだ!!・・・まったく・・・・。」

本当はありがとうと言いたいのに。
素直になれない。

俺は下にタンポポが咲いているのを見つけた。

・・・・これなら。

「ほら。」
「なんだ、コラ。」

ぶっきら棒にタンポポの花を差し出す。

「これ・・・。」
「べ、別にお礼とか、そういうのじゃないからな!ただ、足元に咲いてt・・」
「ありがとな。嬉しいぜ、コラ。」


こんな笑顔を俺にくれるなら、これからもありがとうの代わりに何度でも、花を贈ろう。



fin.





初めて普通のカップリングの小説を書いたかもしれない。

お題はsofura様のサイトからいただきましたー。
「ありがとうが言えないから」です。

さてさて、このラルちゃんですが、第一人称は「俺」です。
立派な女の子です。
ナイスバディーです。

現代のお話は、なんだか悲しいお話になりそうだったので、あえて幸せだったはずの教官、生徒時代の小説にしましたー。

こういうほのぼのなのも好き。
でも切ないのはもっと好き。

コロラルはとっても素敵なCPなので、皆好きになればいいよ!!

以上!
スポンサーサイト
 | ―夢小説  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑
お使い、お疲れさんっ♪笑
ガチャガチャ・・・残念やねorz

また戻ってくれるといいね(え


毎日書くの??
うぅ・・・おつかさまです^^;
はづき  02/22/2009 Sun URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



リボーンネタですね!
僕もリボーンは少し知ってますです^^
夢渡将也  02/23/2009 Mon URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



Secret




TrackBack URL
→http://soundofchain.blog77.fc2.com/tb.php/581-0ec50d0a

Danke, dass ihr gekommen seid

Selbstvorstellung

Geburtstag

Kategorie

Letztens Kommentar

Befreundet mit mir

Letztens Artikel

Links

Monate

Letztens Trackbacks

Meiner Freundin

Mail